2019年11月 

 

 

 

 

 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 

 2019年12月 

 

 

 

 

 

 

 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 

 

 

 

 

 2020年01月 

 

 

 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 

 

お知らせ
 
08年02月24日 「最新非抜歯矯正システム デーモンシステムについて その1」

当院では矯正先進国アメリカで最も多く採用されているシステム「デーモンシステム」を成人期矯正治療に採用しております。

その特徴は
?治療期間が従来の矯正装置に比べて早く終了する
(最大で7ヶ月早い治療期間と48%少ない来院回数 Tagawa D. Clinical Impressions 2006; 15-1. )
?最新の装置により装置の摩擦力が軽減されて弱い力による歯の移動が可能で痛みが少ない
( 最大で68%少ない患者の不快感と非常に高いABOスコア Eberting JJ, Straja SR, Tuncay OC, Clinical Orthodontics and Reserch 2001; 4(4):228-234.)
?最新の装置により成人でも歯列弓の拡大が可能になり従来の装置のように第一小臼歯や第二小臼歯の抜歯をせずに歯を並べることが可能
?従来の装置に比べると小さく見た目も目立ちにくい
などがあります。

実際には骨格や歯を支える顎の骨の状態、生活習慣、悪習癖の有無などにもよりますが今までの装置に比べると患者様にとっても術者にとっても快適なシステムです。
アメリカだけではなく東京をはじめ首都圏ではこのシステムを求めて矯正をする方が増えています。

この矯正システムについて詳しくは「ormco デーモンサイト」へ

田岡歯科鏡川コーポ診療所では随時歯列矯正に関する相談を行っています。
歯列矯正に関して御質問、お悩みのある方はお電話もしくはお問い合わせにて御相談下さい。


08年02月22日 「子供達の正しい成長発育を目指して その1」

最近、歯並び・かみ合わせの悪い子供達の報告が目立って増加しています。
実際に当院でも昔はみられなかったような乳歯の凸凹や舌・唇のひも(小帯)の位置や長さ・太さの異常などの不正が数多くみられます。
不正なかみ合わせを引き起こす原因が昔は乳歯の虫歯や悪習癖と言われていましたが、現在では?食生活の欧米化?外で遊ばない?アレルギーの増加などに変化しており歯並び・かみ合わせだけでなく視力低下・ストレス・顎関節症・耳鼻疾患など様々な子供達の問題を引き起こしてます。

対応策として
?食生活をその時期に応じて変えていく
?お口のまわりの筋肉を整えていく (左横の写真)
?姿勢を悪くする因子を取り除く
?悪習癖をなくしていく
などがあります。
具体的な方法は機会があればお知らせしていく予定です。
詳しく知りたい方は「咬合育成研究会HP」へ

田岡歯科鏡川コーポ診療所では小学校にあがる6歳までに歯並び・かみ合わせの診査、お口のまわりの筋肉の検査、姿勢・食生活・習癖・病気のチェックをおすすめしています。
なぜ6歳までかというと乳歯列から永久歯列に変化する混合歯列期(6歳〜12歳)に成長発育による治療効果が最もでるからです。
不正の程度にもよりますが、お口のまわりの筋肉を整えて姿勢や食習慣・習癖・病気の改善により正しい成長発育をしている子供達がたくさんいます。

「うちの子供は大丈夫か??」と気になるお父さん・お母さんは是非一度御相談下さい。


08年02月18日 「当院の設備・器具紹介 その2 高圧蒸気滅菌器」

当院では皆様に安心して治療を受けていただけるようにユヤマの高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)という設備を導入しております。この設備は使用される医療器具を無菌状態にするために定められた温度と圧力の飽和水蒸気を作り、加熱することで滅菌する装置です。

「全ての患者様の血液、体液、唾液、排泄物は感染の有無にかかわらず、感染の疑いがあるものとして扱う」というスタンダードプリコーションの概念(米国疾病管理予防センター 歯科臨床における院内感染予防ガイドライン 2003年)に基づき、

田岡歯科鏡川コーポ診療所では、全ての患者様が安心して治療が受けられるように、手袋、コップ、エプロン、ヘッドカバーはもちろん新品を使い捨て、ミラーやピンセット他使用する全ての器具はもちろん殺菌、滅菌、消毒を行なっています。


08年02月16日 「インプラントって何??  その1 インプラントとは・・・」

インプラントは歯が虫歯や歯周病で抜けた後のあごの骨に人工歯根(インプラント)を埋入してその上に人工の歯をつくる治療法です。
今では欧米を中心に多数の治療実績によって、チタン製のインプラントの有効性が認められています。材質のチタンは人間の体となじみやすい性質を持ち、あごの骨や歯肉との適合性が高く、免疫反応も起こしません。現在のインプラントはあごの骨と直接結合して天然歯と同じような感覚で美味しく食べることができます。

*インプラント治療のメリット
?硬い食べ物でも天然歯と同じように美味しく食べられます。
?入れ歯のように外れたりしないので人前でも自然な笑顔で笑えたり、食事を楽しんだり、話すことができます。
?外見や機能を回復でき、美しく自然に仕上がります。
?欠損している歯の隣の健康な歯を削る必要がありません。

田岡歯科鏡川コーポ診療所では欧米先進国で実証された世界シェア約30%を占めるノーベルバイオケア社のブローネマルクシステムを採用しています。
高知では最先端歯科医療技術のためこのシステムの導入医院がほとんどありません。
このシステムについて詳しくは「ノーベルスマイル」へ

なお、インプラント治療は最先端歯科医療のため健康保険が適用されません。
保険外診療のため費用は 1本 315000円〜 (インプラント本体+手術費+上部構造) になります。(部位やあごの骨の欠損状態、上部構造により価格が異なりますので詳しくは御相談下さい。)


08年02月15日 「当院の設備・器具紹介 その1 AP水」

当院では皆様に安心して治療を受けていただけるようにアサヒプリテックのAPアクアという設備を導入しております。この設備は中性電解水「AP水」を生成します。
「AP水」は次亜塩素酸という除菌成分を含んだ水溶液で、食塩水を電気分解しで作った中性の除菌洗浄水です。
 ?除菌効果は高いが毒性・刺激性が少ない
  一般細菌やAIDS virus(エイズウィルス)・Parvo virus(パルボウィルス)などに優れた効果を発揮します。
 ?塩素臭が少なく病院独特の消毒臭を軽減できる
 ?人・環境に優しい
などの理由から治療器具の除菌や診療中の手洗い、術野の消毒に「AP水」を使用しております。

田岡歯科鏡川コーポ診療所では、全ての患者様が安心して治療が受けられるように、手袋、コップ、エプロン、ヘッドカバーはもちろん新品を使い捨て、ミラーやピンセット他使用する全ての器具はもちろん殺菌、滅菌、消毒を行なっています。


 
<<最初の5件 <前の5件 次の5件> 最後の5件>>