咬合育成治療

咬合育成治療

咬合育成治療では、成長とともに大きく広がり、バランスよく形が作られていく歯並びや、かみ合わせなどに異常が出ないように、定期的に管理し、正常な発育の手助けをします。

学校検診などでも、歯並びやかみ合わせの良くないお子様が増加しています。
日常生活の中から、歯並びに影響を及ぼす「日常の生活習慣」を探し、それらがどのように悪影響をあたえるのか、どのような改善方法があるのか…という事を考えていく事がとても重要です。

装置+筋機能訓練(MFT)によって正しい成長を促すことにより、外科矯正(顎の不正を手術により改善する矯正)や、抜歯矯正(歯の凹凸を治すために健康な永久歯を抜歯する矯正)を高い確率で回避できます。 小学校1年生までに歯並びについて相談・診査することをおすすめしています。

正しい成長を促す咬合育成治療について
詳しくは咬合育成研究会ホームページ